« 【書籍】鉄道建築ニュース2010年9月号 | トップページ | 【鉄道】H22.10/3『2010鉄道フェスティバルin東北』開催 »

【鉄道】幻のナローゲージ鉄道『増東軌道』の資料探し

増東軌道資料(宮城公文書館所蔵)
▲宮城県公文書館に保存されている増東軌道の公文書

みちのく鉄道応援団の次回の「鉄道遺産めぐりツアー」のプランを練るにあたり、東北本線増田(現在の名取駅)から閖上までの走っていた増東軌道を調べてみることになり、宮城県公文書館で資料をあさってみました。

以前、展示室で増東軌道の展示資料を見たことがあるので、公文書館に存在していることは知っていましたが、実際に閲覧請求をしてみると大正時代と昭和初期の資料が出来てました。

大正15年の「鉄道軌道 増東軌道」という増東軌道の設置にかかわる書類一式、そして大正15年「地理 道路敷占用」で、こちらは今でいう道路占有許可みたいなもので、増東軌道の新設にあたる使用申請なので大部分は関係なく、少ししか資料はなく、しかも「鉄道軌道」の冊子と同じ資料でした。

もうひとつの昭和14年の「交通鉄道軌道」というのは、この年の宮城県内の鉄軌道の営業状況を記していました。

増東軌道資料(宮城公文書館所蔵)
▲鉄道軌道の中にあった増東軌道の軌道ルート図

残念ながら鉄趣味で一番重要である車両の図面など外観を示すものはなく、唯一、車両の図面1枚があったのですが、電車の図面で松島電車のものが間違って入っているようで、一応窓口の方に間違っている旨伝えておきました。残念ながら、車両関係の図面や意匠がないのでどのような車両が走っていたかは分かりませんでした。

しかし軌道ルートの図面はしっかり残っていて、名取駅周辺については、当初計画から実施あたっては変更されていることが分かりました。また、途中行き違いをしていていた若宮駅、終点の閖上駅の位置も当時の図面と今の地図を見比べることにより判明しました。このほか増田駅、閖上駅の構内配線図もあり、機回しとターンテーブルがあることが分かりました。

近いうちに、現地に何か残っていないのか見に行きたいところですが、昭和14年に廃止されたナローゲージ鉄道の痕跡を見つけることはなかなか厳しいと思われます。

ウィキペディア「増東軌道」のページ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A2%97%E6%9D%B1%E8%BB%8C%E9%81%93

増東軌道資料(宮城公文書館所蔵)
▲閖上駅の位置図(下が北)昔の道は今でもあるので場所の判別ができました(青図のため、撮影の上、画像処理して拡大してあります)

増東軌道資料(宮城公文書館所蔵)
▲閖上駅の配置図。機回しがあって、V字の線路の奥に車庫と転車台があります(青図のため、撮影の上、画像処理して拡大してあります) 

増東軌道資料(宮城公文書館所蔵)
▲増田駅前の路線敷設変更図。当初は、左からきた線路は、上に曲がるものでしたが、変更後は、下に曲がるようになり、駅や車庫も位置が変更となっている(青図のため、撮影の上、画像処理して拡大してあります)   

増東軌道資料(宮城公文書館所蔵)
▲増田駅から閖上駅までの軌道ルート図(青図のため、撮影の上、画像処理して拡大してあります)   

増東軌道資料(宮城公文書館所蔵)
▲資料の中から出てきた唯一の車両図。ガソリンエンジン車両の意匠図と性能一覧で、この図のどの書類の添付なのかが分からず、営業用なのか事業用なのかは不明。とても興味のある車両です。(青図のため、撮影の上、画像処理して拡大してあります)

|

« 【書籍】鉄道建築ニュース2010年9月号 | トップページ | 【鉄道】H22.10/3『2010鉄道フェスティバルin東北』開催 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/49496712

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】幻のナローゲージ鉄道『増東軌道』の資料探し:

« 【書籍】鉄道建築ニュース2010年9月号 | トップページ | 【鉄道】H22.10/3『2010鉄道フェスティバルin東北』開催 »