« 【書籍】鉄道建築ニュース2010年5月号 | トップページ | 【みちのく鉄道応援団】平成22年度総会・米山淳一氏講演会 »

【海外の鉄道】ベオグラードの市電<その2>

【海外の鉄道】ベオグラードの市電
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-5496.htmlの続きです。

ベオグラードには、何日か滞在したものの一日乗車券が買えなかったこともあって、全路線に乗りませんでが、中心部についてはなんとか全線に乗れました。

ベオグラードの市電は、12系統(途中折り返しの7Lを含めると)で約130キロの路線を有しています。車両については、250両ほどあるそうですが、CKDのKT4とバーセルからDuwagBe4/6の2種類しか見かけませんでしたので、この2種が基本のようです。もしかすると保存用古典電車や変り種車両はあるかもしれません。乗客が多い系統ではKT4の2連、Be4/6がトレーラーをぶら下げて走っていました。

ベオグラード市電
▲回転場で休憩中のKT4。写真ではよく見えませんが、背後のカレメグダン公園(丘)を線路が登っていっています。

終点は、全てループ線で折り返しとなっているので、全社片運転台で、ドアも右側にしかありません。このタイプの電車は、右側と左側で全然スタイルが違いますので、マニア的には両側とも写真に撮りたくなるのですが、毎度のことですがドア側を撮ろうとすると、車や人が邪魔になってとても苦労します。

車体カラーは、スイス・バーセルからの車両はトレーラーを含めて緑色、KT4は、標準カラーの赤のほか白や青、黄色などバリエーションがありましたが、全面広告車は少ない印象を受けました。

T_dsc_0541
▲丘となっているカレメグダン公園から急勾配を下ってきた電車。このあとぐるっとまわって中央駅方面へと向かいます

ベオグラードの市電に乗るならば最初に中心部環状線の「2系統」がお勧めです。中心街の距離感・方向感つかめますし、一周は40~50分とリーズナブルな観光といえるでしょう。

T_dsc_0590
▲サバ川にかかる橋を渡って旧市街地へと向かう

ベオグラード本駅から2系統の反時計周りに乗ると、駅を出てすぐに、コソボ紛争のときにNATO空爆で破壊されたままの庁舎が見えます、そしてスラビア広場をぐるっとまわると、古い建物が残り、大きな街路樹もある旧市街地へと入ってきます。そして、最後は、丘になっているカレメグダン公園入り口を過ぎたあたりから見晴らしがよくなり、サバ川、そこにかかる橋、そして対岸の新市街地などが見えます。そして、電車は一気に駆け下り、元の本駅へと戻り、一周完了です。

2系統に慣れてしまえば、他の系統にも乗ってバージョンアップしたいところです。市電利用をすると便利なのは、サバ川を渡った新市街の入り口にあるKONZUMが入った大型ショッピングセンター。フードコートもありますし、雑貨品などの土産品なども買えます。また、放射状に広がる各郊外路線の沿線には市民市場もあったりしますので、これまたふらっと寄ってみるのも面白いと思います。

地球の歩き方をはじめ、旅行ガイドブックはほとんど無視しているベオグラードの市電ですが、鉄道ファンでなくても、インディペンデンドな旅行者の強い味方と思います。

GSP Belgrade(市電、バス、トロリーバス運行会社)
http://www.gsp.rs/english/main.htm

ウィキペディア「Belgrade_tram_system」
http://en.wikipedia.org/wiki/Belgrade_tram_system

ベオグラード市電
▲中心部では、街路樹も多く、さらにサイドリザベーションとなっているところも区間もありました

T_dsc_0183
▲ベオグラードのひとつの見所?natoに空爆されてそのままになっている元庁舎の脇を走る

【海外の鉄道】国際列車行ニコラ・テスラ号(ベオグラード発ベネチア行)
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-3afd.htmlに続く

|

« 【書籍】鉄道建築ニュース2010年5月号 | トップページ | 【みちのく鉄道応援団】平成22年度総会・米山淳一氏講演会 »

海外の鉄道」カテゴリの記事

路面電車&LRT」カテゴリの記事

コメント

ベオグラードのトラムを調べていて、通りすがりました。
2系統で駅を出てすぐに見える壊れた建物は、1999年のコソボ紛争時にNATOで壊れた、外務省と国務省のビルです。1999年にはボスニア紛争は終わって4年目となっています。
ひとこと指摘まで。

投稿: 通りすがりの須田と申します | 2012年4月23日 (月) 00時05分

須田 さま

こんにちは。コメントありがとうございます。

ご指摘ありがとうございました。さっそく修正をいたしました。

今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: へっち(管理人) | 2012年4月23日 (月) 07時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/48400075

この記事へのトラックバック一覧です: 【海外の鉄道】ベオグラードの市電<その2>:

« 【書籍】鉄道建築ニュース2010年5月号 | トップページ | 【みちのく鉄道応援団】平成22年度総会・米山淳一氏講演会 »