« 【バス】高速バス「ヨーデル号」で盛岡から東北大鰐へ | トップページ | 【鉄道】鉄部屋があり弘前駅構内が見える!/弘前プリンスホテル »

【鉄道】久しぶりの訪問/弘南鉄道・大鰐線

弘南鉄道・大鰐線
▲弘南鉄道・大鰐駅は乗り場駅舎が有人となってきっぷ類はコチラで

H22.3/20に弘前市で弘南鉄道・大鰐線のシンポジウムに参加することになったのですが、大鰐線に乗ったのは、かなり昔の話なので、再度市視察してからシンポジウムに望もうと思い、盛岡からのヨーデル号を東北大鰐バス停で下車して、大鰐線に乗ることにしました。

弘南鉄道・大鰐線
▲大鰐線の顔となっている7000形

弘南鉄道大鰐線もJRと大鰐温泉駅で接続しているのですが、盛岡-弘前を結ぶ「ヨーデル号」のバス停である東北大鰐バス停は、駅から東に700mぐらいのところにあるので、高速バスから大鰐線へも乗り換えが可能です。しかし現地では、高速バス乗り場を示す案内はほとんどないので、利用するときはwebの地図などで調べておいた方が安心です。徒歩にして12-13分ぐらいです。

弘南鉄道・大鰐線
▲弘南名物の古典電機+ラッセルもチェックです(大鰐駅)

弘南鉄道大鰐線大鰐駅とJRの大鰐温泉駅は同一構内ではあるのですが、駅舎隣あっていて大鰐線に乗るならばそちら(但し無人)から構内へ入ります。ちょうど乗り場は、JR駅舎とは反対側。弘南鉄道駅員はそこの駅舎にいるので、弘南鉄道の駅舎は計2ケ所あります。大鰐駅構内には、この線の名物ED22がラッセル車を連結した状態で留置されていて、JRのホームからですと良く見ることができました。

弘南鉄道・大鰐線
▲ 大鰐線はワンマンのため運転後ろに設備があります

大鰐線は、朝夕には本数がありますが日中~終電までは1時間に1本のパターンダイヤで、大鰐、中央弘前ともに毎時30分発、上下の行き違いは津軽大沢駅で行われるようになっています。

大鰐発12:30に乗りましたが、始発の段階で15人ほど、弘前が近づくに従って増えて行き中央弘前についたときには30-40人という感じでした。寒い雨が降る休日でしたが高校生、高齢者が利用していて、思ってよりも乗っていたというのが正直なところです。大鰐を出てもしばらく農村地帯を走り、千年から住宅地へと入って駅間距離もぐんと短くなり利用者も増えてきます。弘高下駅から堀(土淵川)が見えて、堀端を走りどんずまりのようなところで終点中央弘前駅。

弘南鉄道・大鰐線
▲中央弘前に停車中の7000形

中央弘前駅も昔ながらの映画のロケにでも使えそうな古い駅で、マニア的にはよいのですが利用者にとっては少々疑問かもしれません。駅も繁華街のメイン通りから1本入ったところにあるのではじめての人ですと分かり難いかもしれません。地図上では、弘前駅からそんなに遠い場所にはありませんが、土地勘のない人には乗り換えようとは思わないかもしれません。群馬県の前橋中央駅と前橋駅の間にはシャトルバスが走っていますが、こちらでもそういうサービスもあってもよいのかもしれません。

T_dsc_1189
▲今やレトロ調となってしまった中央弘前駅

弘前・中央弘前駅前が道が広いとLRT化で結ぶという発想もでるかもしれませんが、住宅密集地で道は狭隘、しかも地形も良くないのでこれも無理かなという感じでした。wikiを見ると乗客の減少から本数の減少と大鰐線が負のスパイラルに陥っているようですので、今後、市民、行政、事業者が手を取り合ってまずは下げ止まることを期待したいところです。

もしかすると、弘南鉄道は弘南線だけですと採算が取れるので、大鰐線の分社化もありえるかもしれません。

弘南鉄道・大鰐線
▲中央弘前駅は堀のすぐ脇にあります

|

« 【バス】高速バス「ヨーデル号」で盛岡から東北大鰐へ | トップページ | 【鉄道】鉄部屋があり弘前駅構内が見える!/弘前プリンスホテル »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
よくこの電車にのって通学しました。懐かしく、また指摘が的確で思わずコメント書いてみました。

私にとっては、鍛冶町〜土手町〜高校まで歩いていくのはむしろかなりの楽しみではあったのですが、社会人になって電車に乗りたくても、不便を感じるようになりました。
バスの方が料金が安い上に、行きたい場所までダイレクトだったりするものですから…
今となっては余暇に電車に乗って、散歩する感覚で利用するだけです。移動手段としてはやはり弱い。
学生にはあって欲しい、なくてはならないものですが、それ以外の者には趣味か何かくらいなんですかね。
今は車でどこでも移動してしまいますし、行きたい場所も変わってきています。
土手町もアーケードが消えつつあって、雨が降った時はルネスアベニューを通って土手町を歩いたものですが、道路が広くなったことがかえって歩きづらい商店街になってしまったなぁと思います。
せっかく電車に乗ってついた先もいい場所なのに足が遠のいてしまう…なくなって欲しくない気持ちがあっても寂しいもんです。

投稿: かろ | 2011年1月 3日 (月) 22時50分

かろ さま

こんにちは。コメントありがとうございます。
この電車の沿線には通学生がたくさん乗っていて、今でも通学時間帯は活気があるようですね。

弘前も郊外型店舗が増えたためでしょうか街の構造もかわってきているようで、電車も苦戦続きのようです。
確かにアーケードがなくなって開放感はできたようですが雨とときはちょっとなと思います。

弘前市内で堀の脇を走る大鰐線の電車などはとても雰囲気が良いので、これからもなんとか残ってもらいと思っております。

投稿: へっち(管理人) | 2011年1月 4日 (火) 10時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/47944472

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】久しぶりの訪問/弘南鉄道・大鰐線:

« 【バス】高速バス「ヨーデル号」で盛岡から東北大鰐へ | トップページ | 【鉄道】鉄部屋があり弘前駅構内が見える!/弘前プリンスホテル »