« 【鉄道】ついで参り(11)雪が残る由利高原鉄道 | トップページ | 【鉄道】JR東日本仙台支社の2010年春のイベント列車 »

【鉄道】今月末まで・・・さらば、土日きっぷ

Doniti01

2001年から発売が開始された「土・日きっぷ」が今月末でなくなってしまいます。発売は3/26までで、最終利用可能土日が3/27-3/28となります。

このキップは、18000円で中高生は9000円、子供は3000円と中高生がいる家族連れにとっては、東京単純往復でもトオク感がありました。発売エリアの東北地方に住む者にとっては、上信越地方へ足伸ばしと断然オトクで、自分の周りでも、きっぷを使って上信越方面へいったという人がたくさんいました。昨年12月の長野電鉄2000系の撮影にもこのきっぷを使いました。

JR東日本のホームページを見ると「土・日きっぷ」の廃止というよりも「リニューアル」という表現を使っていて、3/29からは「ウィークエンドパス」となる旨の案内となっています。

新しいきっぷも酒田―新庄―湯沢―古川―女川以南とエリアは変わりませんが、値段が8500円と大幅に下げたと同時に新幹線や特急、急行は別に料金を払わなければならなくなりました。

仙台-東京の単純往復だと土・日キップとあまり値段はかわないのですが、東北から信州などへいった場合は大幅に出費は増えてしまいます。首都圏の人たちにとっては、列車種別による料金券分が別でもあまり大差がないでしょうし、逆に列車の選択によってコストを下げることもできるのでよいかもしれませんが、やはり東北居住者にとっては、土・日きっぷの廃止はイタイところです。

これも高速道路の影響なんでしょうね・・・

|

« 【鉄道】ついで参り(11)雪が残る由利高原鉄道 | トップページ | 【鉄道】JR東日本仙台支社の2010年春のイベント列車 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/47740766

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】今月末まで・・・さらば、土日きっぷ:

« 【鉄道】ついで参り(11)雪が残る由利高原鉄道 | トップページ | 【鉄道】JR東日本仙台支社の2010年春のイベント列車 »