« 【海外の鉄道】海外鉄道研究会/会報PENDELZUG2010/1月No57ペンデルツーク | トップページ | 【書籍】運輸と経済2月号 »

【鉄道】2010.3.13ダイヤ改正・JR東日本仙台支社分

駅を歩いていましたら、2010.3.13のダイヤ改正のチラシがたくさんラックに入っていましたので、もらってきました。

ちらしは、E2の運転席部分をモチーフにしたもので、今回もこのデザインが仙台支社版の時刻表の表紙になるのでしょう・・・。

そのチラシによると
●仙台駅にて、やまびこ42号とはやて100号に乗り継ぎが可能となること。
改正後はやまびこ42号が7:18仙台着、はやて100号が7:20発となります。
やまびこ、はやて号ともに東京着に変更なし。

はやて100号はけっこう空いているので、乗車率がアップするかもしれません。

福島駅の新幹線と乗り継ぎの改善ということで普通列車の出発時刻が若干遅くなります。
現状でもがんばれば乗り継ぎは可能ですが、少し余裕が出たという感じでしょうか。
●やまびこ43号8:37着⇒普通 藤田行8:43発(改正で2分の余裕拡大)
●つばさ112号12:16着⇒普通 郡山行12:23発(改正で3分の余裕拡大)

新幹線関係はこれで終わり。

在来線関係は、
●南三陸3号の編成が3両から4両に変更。時刻に変更はなし。
また南三陸4号で仙台へ来た気動車を小牛田へ戻す運用である仙台発20:40発小牛田21:27着が車両編成を4両から5両へ変更。

ちらしには書いてありませんが、現状から推測すると、たぶん南三陸4号は小牛田で増結して5両で仙台に来るのだと思います。

陸羽西線で増便
●小牛田発12:37発古川行12:49着を鳴子温泉(13:55着)へ延長
●古川発12:50小牛田行13:03着を鳴子温泉(12:02発)始発へ変更

これで日中は鳴子温泉-小牛田はほぼ1時間ヘッドになります。

そして最終列車増発
●鳴子温泉21:23発小牛田22:53着

小牛田で仙台行きの接続は既になく、なんと一ノ関⇒仙台よりも最
終列車が遅くなります。

それにしても増発にあたって車両がどこからか小牛田へやってくるのしょうか・・・。

最後は、「リゾートみのり」関係。
●運転曜日が月、金、土休日のみの運転となり全列車仙台始発へ変更。

平日は大幅な削減ですから、やはり利用率が落ちてきているのでしょうか・・・

リゾートみのり
▲鳴子温泉駅に停車中のリゾートみのり(2009.11)

|

« 【海外の鉄道】海外鉄道研究会/会報PENDELZUG2010/1月No57ペンデルツーク | トップページ | 【書籍】運輸と経済2月号 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/47629823

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】2010.3.13ダイヤ改正・JR東日本仙台支社分:

« 【海外の鉄道】海外鉄道研究会/会報PENDELZUG2010/1月No57ペンデルツーク | トップページ | 【書籍】運輸と経済2月号 »