« 【書籍】交通とビジネス/澤 喜司郎・安原敬裕・上羽博人編著 | トップページ | 【書籍】CONTINENTAL RAILWAY JOURNAL  No160 2009/10冬号 »

【鉄道】車内会議でアシストクラブ発足/由利高原鉄道

 2010.1/16 由利本荘市から『開業25周年記念事業』と『由利高原鉄道アシストクラブ発起』の車内会議に参加してほしいとのオファーがあり参加してきました。

由利高原鉄道
▲羽後本荘13:00発の列車で集合場所の矢島へ向かいます

 車内会議は、もちろん列車の中で行うので「車内会議」という訳で、定期列車に貸切車両を増結して行われました。矢島14:50発→羽後本荘1550発→矢島16:45発→羽後本荘17:25着と行ったりきたりしながらのスケジュール。

 会議では、平成22年度に由利高原鉄道が25周年を迎えることから、列車から良く見え景色の良い何箇所かにこいのぼりを数百匹泳がせようというもので、こいのぼりも全国から集め、寄贈してくれた方々には一日乗車券をプレゼントするというものです。この会議を持って実行委員会が立ち上がり会長や役員の選出もあり、大枠での計画も決まりました。

由利高原鉄道矢島駅
▲矢島駅に到着。周りは一面雪です

 次に由利高原鉄道を応援する組織として「由利高原鉄道アシストクラブ」の設立するために発起人により趣意書が読み上げあれ、会員募集がスタートとなりました。会員は3万、1万~1000円までの種別があり、3万円のプラチナ会員はお好きな駅の名誉駅長になれるそうです。

 この「こいのぼりプロジェクト」「アシストクラブ」については詳細な情報が入り次第。当ブログにアップしたいと思います。

 会議ではあわせて、由利高原鉄道のイメージソング「子吉川慕情」が発表が行われ、作詞の佐藤さん、作曲の川崎さんが曲についての説明をし、生歌で披露されました。

由利高原鉄道車内会議
▲車内会議は、イベント対応車輌で行われ、終了後はそのまま宴会列車へ

 さて、会議も滞りなく終了しまして、車内会議から車内宴会へとなりました。さすが酒どころ秋田、乾杯は沿線にある天寿酒造の純米酒で行われました。アルコールも手伝いまして、由利高原関係者の方とざっくばらんな意見交換、懇親ができ有意義な一日でした。わざわざ足を運んでよかったなと思っております。実行委員や発起人にもなってしまいまして、今年は由利高原鉄道へ足を運ぶ回数が増えそうです。

由利高原鉄道宴会列車
▲酒所ということで乾杯は地酒です

T_dsc_0391
▲会議片道、宴会1往復して羽後本荘に到着。定期列車を利用したので3両編成となっていました。

|

« 【書籍】交通とビジネス/澤 喜司郎・安原敬裕・上羽博人編著 | トップページ | 【書籍】CONTINENTAL RAILWAY JOURNAL  No160 2009/10冬号 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/47394255

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】車内会議でアシストクラブ発足/由利高原鉄道:

« 【書籍】交通とビジネス/澤 喜司郎・安原敬裕・上羽博人編著 | トップページ | 【書籍】CONTINENTAL RAILWAY JOURNAL  No160 2009/10冬号 »