« 【地域活性化】1/10~24『とことん青森2010in原宿表参道』開催 | トップページ | 【鉄道】九州旅行(3)えびの高原線/肥薩線・しんぺい号乗車 »

【鉄道】九州旅行(2)吉都線~肥薩線で霧島連山を一周

2009.12/19-12/23まで九州地方の鉄三昧の旅行をしてまいりましたのでその雑記です。

T_dsc_9208
▲キハ401両の肥薩線2925D都城発隼人行き

12/20 本日は、未乗線区の吉都線と肥薩線を乗ります。都城発7:35発の2925Dは、吉松経由で肥薩線直通列車で延々と10:22着の隼人まで乗り通します。このルートに乗るとちょうど霧島山を一周するように列車が走ることになります。

吉都線は、友人から「けっこう地味だよ」といわれてやってきたのですが、冬の晴天に山頂が白くなった霧島山を見ながらの車窓はたいへんすばらしいものでした。また、国鉄時代からそのまま使っている駅舎や施設も多く、なかには古い木造駅舎もあってなかなか味のあるローカル線だと思いました。

環霧島観光マップ
▲一周の大きな地図のほかに各自治体ごとの観光案内もあって乗り鉄にはもってこいでした

吉都・肥薩線の沿線では「環霧島観光マップ」という霧島山を中心して宮崎・鹿児島県を隔てないマップが配布されていて、これを見ながら列車に乗るととても便利でした。山をキーワードにした広域観光圏として連携しているものと思われます。

吉都線車窓
▲小林市付近を走る列車から見た霧島山。肉眼だともっと大きく感じました

列車は吉松で19分停車し、4227Dと列車番号を変え、そのまま隼人へ向かいます。その停車時間を利用して駅前に保存してあるC55蒸気機関車を見に行きました。機関車には屋根があり、最近再塗装されたようで状態は良いように見えました。そして、吉松駅の弧線橋から構内を見ると線路はだいぶ撤去されていますが、国鉄時代の雰囲気を残す建物などが残っていて、その昔は鉄道拠点駅であったことを伝えてくれています。

吉松駅のキハ40
▲吉松駅にて休憩中のキハ40。広い構内が昔を昔の栄華を伝えます

吉松駅前C55蒸気機関車
▲吉松駅前に保存されているC55蒸気機関車。綺麗です。

吉松を出発して肥薩線に入り、木造駅の大隅横川駅、嘉例川(かれいがわ)駅などに停車しながら隼人へ向かいます。それにしても吉都・肥薩線にある木造駅舎は、事前情報では知っていても、実際に見てみるとそても下車して味わいたくなる駅舎で、再度、駅を目的に訪れてみたいところです。1両のキハ40も隼人が近づくと少しづつ人が乗ってきました。

表木山駅特急はやとの風
▲はやとの風と交換なので写真を撮りましたが黒の車体は光りでつぶれやすいようです

肥薩線の車窓は山間は走るものの、吉都線に比べると霧島連山はあまり見えませんでした。途中、表木山駅で特急「はやとの風」と交換し、2約3時間乗りとおして定時10:22に隼人駅へ到着しまた。乗ってきた列車は、今度は4224D吉都線経由都城行として、10:35分に折り返しますが、自分もそのまま降りることなく、今度は肥薩線の人気列車「しんぺい」号に乗るために吉松まで来たところを戻しました。

<続く>

嘉例川駅
▲嘉例川駅では何かのロケを行っていたようで、乗客ではない人がたくさんいました

栗野駅特急はやとの風
▲吉松へ向かう途中の栗野駅でふたたび「はやとの風」と交換。ホームの屋根が良い感じです

吉松駅いさぶろう・しんぺい
▲4224Dからしんぺい号への乗り継ぎは3分なのでけっこうバタバタです

|

« 【地域活性化】1/10~24『とことん青森2010in原宿表参道』開催 | トップページ | 【鉄道】九州旅行(3)えびの高原線/肥薩線・しんぺい号乗車 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/47231461

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】九州旅行(2)吉都線~肥薩線で霧島連山を一周:

« 【地域活性化】1/10~24『とことん青森2010in原宿表参道』開催 | トップページ | 【鉄道】九州旅行(3)えびの高原線/肥薩線・しんぺい号乗車 »