« 【鉄道】市議の考える仙台の将来・・・民主クラブ仙台ニュース | トップページ | 【LRT】12/5「第4回人と環境にやさしい交通をめざす全国大会」に参加 »

【海外の鉄道】旧ユーゴ圏随一の景勝路線・・・ベオグラード・バール鉄道<その2>

【海外の鉄道】旧ユーゴ圏随一の景勝路線・・・ベオグラード・バール鉄道<その1>
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-35d4.htmlの続きです。

 もっとも景色が良い区間を楽しむために、ベオグラードを22:10に出発するLOVCEN号を利用します。

ベオグラード・バール鉄道
▲日本ではお目にかからない壮大なスケールのMala Rijeka橋

2人用個室寝台、3段クシェット、座席車、2等コンパートメント車、カーキャリーと計13両編成の堂々したもので、祝日前ということで混みあっています。個室寝台は空席があるのか出発1時間前でもゲットでき、しかも1人で個室が使えました。ちなみに寝台券込みの料金は3100RSDで日本円にすると4100円でしたのでかなりの割安です。

 列車は22:10定刻に出発して、深夜にウッジなどに停車しながら薄暗い早朝5時過ぎにセルビア側国境駅、モンテネグロ側の国境駅にそれぞれ停車して機関車交換とパスポートコントロールが行われます。

ベオグラード・バール鉄道
▲峠でローカル列車と交換のため数分の停車

 列車は徐々に太陽が昇ってくるなか、渓谷や山すそに沿って、徐々に高度を稼いで行きます。そして長いトンネルを抜けてされに高度が増すと車窓には雄大な山々の景色が広がります。この区間は1976年に開通した比較的新しい鉄道ですが、よくもこのような山に線路を引いたものだと関心してしまいます。

ベオグラード・バール鉄道
▲断崖にある駅なのですぐ脇は深い谷底

 列車に乗っていても「空が近いな」と感じてしまうぐらいで、最高地点は海抜1034mあるそうです。線路は、深さ1000m近い渓谷の断崖を走るために窓の下はまさにスリル満点で、日本では考えらないスゴイ景色です。これだけでも乗ってよかった感動してしまいました。

ベオグラード・バール鉄道
▲山のすそにそって高度を稼いで行きます

 車内の乗客が「もうすぐ大きな橋よ」と教えにきてくれ、再び車窓に目をやると、渓谷の対岸ににこれからこの列車が走る線路が見えてきました。その距離がだんだん近づいて来たとおもったら、延長500m、高さ200mのMala Rijeka橋を通過、橋というのは乗っていると列車から見えないものですが、Uの字に線路があるために、どのような橋なのかもばっちり見えて、これまたすごいところに線路があるということを実感してしまいます。

ベオグラード・バール鉄道
▲1000mの峠を越えて海抜80mのポドゴリツアに到着。大部分の乗客は降りてしまいました

このあたりになるとポドゴリツアの平地が遥かに見えてきて、山裾に沿って一気に下って行きます。ポドゴリツアの海抜は80mなんだそうで、かなりの連続勾配なんだろうと推測できます。約2時間近く感動的な山岳鉄道風景を満喫して、ポドゴリツアに到着しましたが、バール鉄道の見せ場はこれで終わりません。

ベオグラード・バール鉄道
▲ 両サイドの窓にシュカダルスコ湖に広がる・・・。終着駅はもうすぐ

ポドゴリツアを出発して15分ほど走ると今度は『シュカダルスコ湖』を築堤で渡ります。湖は細長い形をしているため列車で横断するには10分ほどですが、湖面上からは遥かアルバニアの山々が見えます。乗客たちは、外国人が乗っているということで、右が良い、左が良いと丁寧に教えてくれたので湖も良く見ることができました。そして、湖を渡り終えると今度は長いトンネルへ。そこを抜けると今度は車窓には真っ青なアドリア海が広がり、進行方向右手に見ながら20分ほど走ると終点バールとなります。

ベオグラード・バール鉄道
▲湖が終わり、トンネルを抜けるとアドリア海が一気に広がります

バール鉄道でバールへ向かうとラスト3時間は、山、湖、海とテンポよく景色が変化するので乗っていてほんとうに楽しく、どうせ乗るならばバール行きがお勧めです。ガイドブックにも風光明媚ということで、鉄道ファンでなくても乗った方が良いというのは本当だと思います。

【海外の鉄道】8の字ループを行くセルビアの保存鉄道「シャルガンスカ・オスミツア」
http://asian-train.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-dfd4.htmlに続きます。

ベオグラード・バール鉄道
▲ベオグラードを出発して10時間でバールに到着。楽しく美しい列車旅を提供してくれたLOVCEN号

ベオグラード・バール鉄道
▲ウッジ(セルビア)市内を走るバール発ベオグラード行の列車

ウィキペディア
Wikipedia/Belgrade - Bar railway
http://en.wikipedia.org/wiki/Belgrade_-_Bar_railway

路線図
http://www.bueker.net/trainspotting/map.php?file=maps/serbia---montenegro/serbia---montenegro.gif

セルビア国鉄
http://www.serbianrailways.com/

モンテネグロ国鉄
http://www.zcg-prevoz.me/

|

« 【鉄道】市議の考える仙台の将来・・・民主クラブ仙台ニュース | トップページ | 【LRT】12/5「第4回人と環境にやさしい交通をめざす全国大会」に参加 »

海外の鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/46962486

この記事へのトラックバック一覧です: 【海外の鉄道】旧ユーゴ圏随一の景勝路線・・・ベオグラード・バール鉄道<その2>:

« 【鉄道】市議の考える仙台の将来・・・民主クラブ仙台ニュース | トップページ | 【LRT】12/5「第4回人と環境にやさしい交通をめざす全国大会」に参加 »