« 【鉄道】山形鉄道/目からウロコの『鉄道と観光集客術学校』開催 | トップページ | 【鉄道】駅そばシリーズ(6)東北本線一ノ関駅・あべうち/NRE »

【鉄道】KD95が久しぶりに稼動・・・くりでん乗車会開催

くりでん乗車会
▲若柳駅に進入するKD953。直線ではなくポイントをわたる演出がこれまたよいです

10/30,11/1の2日間、栗原市産業まつりの一環として、くりはら田園鉄道の旧若柳駅構内でくりでん乗車会が開催され、久しぶりにKD95型(953)が元気な姿を見せていました。

10/30は山形鉄道のセミナーの方にいっていましたので、11/1のみボランティアスタッフとして参加してきました。ボランディアとは聞こえが良いものの、特に仕事もなく一日くりでんで遊んでいたというのは本当のところです。

くりでん乗車会
▲待合室から事務所を見る。え、元職員の方がくりでん作業員を着ていて現役時代と間違えます

今回は栗原市と清算法人くりはら田園鉄道が主催となり、現役当時の職員さんがくりでんの黄色の制服着て参加して、タブレットや旗を持ってホームに立つ姿つなど、当時を思い出すシーンが見られました。現在のところ若柳駅構内は、道路で分断されておらず現役当時の姿で車両が動くのは最後となるようです。列車は10時から12時、13時から15時に20分おきに運転されました。

くりでん乗車会
▲普段を本社の倉庫にしまわれているきっぷいれも登場。ここからキップを出して日付を入れて券を渡します

今回、車両が走行したのは、若柳駅から石越方向へ400mの線路で、2番線から出発してポイントを渡って本線へ出て、約400m先で折り返してくるというものでした。若柳駅の石越寄りの腕木信号は動態保存を前提に撤去されておらず、駅へ戻ってくるときは場内信号機を青にしてから戻していて、一応スタフ閉塞ということで乗務員にタブレットホルダーも持たせて走らせていました。

くりでん乗車会
▲旗を持った駅長さんが出発列車を見送る・・・。ここまでやるか!と感激です

ちゃめっけイベントということで、列車が駅に進入してくるのにもかかわらず場内信号機が赤で停まってしまう「場外停止」も再現され、気動車がタイフォンを何回も鳴らして、信号機がようやく青にかわるという現役時代を彷彿させることも2回やりました。なんとなく来場者が愉しむというよりも元くりでん社員とスタッフが楽しんだ感じです。

くりでん乗車会
▲石越方にある腕木信号とKD953。よい雰囲気です

今回のイベントでは2日間で413人の乗車しましたが、初日の午後には乗客0便もあって、これまた現役くりでんを再現した状態だったそうです。初日の様子がマスコミに流れたのでなんとか400人台になりましたが、やはりPR不足だったようで、3年前の栗駒の時は約900人が乗車していることを考えると広報体制を考えるべきではないかなと思いました。

人が来たか来ないかは別として、個人的にはとても充実した1日でした。今後、動態保存をするのであれば400mではなく、もっと長い距離をやってもらいところです。

くりでん乗車会
▲KD953の車内は痛むことなく現役時代そのままをキープです

|

« 【鉄道】山形鉄道/目からウロコの『鉄道と観光集客術学校』開催 | トップページ | 【鉄道】駅そばシリーズ(6)東北本線一ノ関駅・あべうち/NRE »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/46683494

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】KD95が久しぶりに稼動・・・くりでん乗車会開催:

« 【鉄道】山形鉄道/目からウロコの『鉄道と観光集客術学校』開催 | トップページ | 【鉄道】駅そばシリーズ(6)東北本線一ノ関駅・あべうち/NRE »