« 【鉄道】くりはら田園鉄道の保存車両等が明らかに・・・鉄道史学会 | トップページ | 【鉄道】あるのは整備新幹線だけ??・自民党パンフ「日本の底力」 »

【鉄道】仙台市電やLRTの話題が飛びだす・・・愛知和男国政報告会

7/5は、自民党の国会議員「愛知和男」の国政報告会が開催され党員ではないのですが、いって話を聞いてみました。愛知和男議員は一度、引退をしているのですが、2005年に比例東京ブロックで国会議員に返り咲いています。ということで宮城県では影の薄くなった国会議員となっていたのですが、昨今の情勢からでしょうか「国政報告会」が行われました。とはいえ、選挙が近いですから、報告会に先立ち、宮城県の現職議員の紹介などなどいろいろ挨拶がありました。

Aichikazuo
▲意外に路面電車やLRTに詳しい??愛知和男議員

で、核となる国政報告会わけですが、
冒頭に、ちょうど仙台市長選挙が今月投票ということから、36年前の仙台市長選では、当時現職の島野 武と愛知氏で争った話になりました。「仙台市電の廃止」を掲げる島野陣営に対して、愛知陣営は「仙台市電の存続」。加えて「鶴ケ谷団地方面への延伸」も掲げたとのこと。結局、愛知氏は破れ、国政へ行くことになったわけですが、もし当選していれば現在も「仙台市電」は存続していたに違いありません。当時、市電は坂を登れないなどと、反対陣営からずいぶんと攻撃されたそうな。

そして、次に環境面や中心市街地活性化から路面電車やLRTを導入・検討するところが増えているという話がでてきました。富山市の事例や外国のLRTについても良く知っているようで「これからはこういう乗り物の時代ですよね」と語っていました。仙台では、行政もマスコミも、路面電車やLRTについての話題をあえて黙殺していますので、愛知議員が冒頭からこのような話をしたことには驚いた方もいたことでしょう。そして、「仙台でも導入できれば、本当は活性化するのでしょうが、東西線を作っているから、それを生かしてゆくしかないのかもしれませんよね」といって一応、まとめておりました。

宮城の選挙区から出ている自民党の議員ならば「ぜったいに語ることのないLRT擁護」の発言は、びっくりです。建設が進む東西線関係のバイアスがかからないと自民党でもずいぶんと本当のことを話せるものだと関心してしまいました(笑)。

政策報告はこの後、観光立国推進基本法を成立させたことと「地域活性化と観光」ということをベースに話が進み、こちらもけっこう興味深く、面白かったです。地元選挙区をはなれ、ある意味しがらみがなくなってしまった分『我田引水』とならずに全国を視野に入れた仕事ができるのかもしれないです。

|

« 【鉄道】くりはら田園鉄道の保存車両等が明らかに・・・鉄道史学会 | トップページ | 【鉄道】あるのは整備新幹線だけ??・自民党パンフ「日本の底力」 »

地域活性化」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/45590538

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】仙台市電やLRTの話題が飛びだす・・・愛知和男国政報告会:

« 【鉄道】くりはら田園鉄道の保存車両等が明らかに・・・鉄道史学会 | トップページ | 【鉄道】あるのは整備新幹線だけ??・自民党パンフ「日本の底力」 »