« 【鉄道】春の恒例臨時「快速ふくしま花見山号」 | トップページ | 【鉄道】福島交通飯坂線に乗って温泉へ »

【バス】福島の一大観光地「花見山」へバスで行く

前回:【鉄道】春の恒例臨時「快速ふくしま花見山号」の続き>

臨時快速「ふくしま花見山号」で9:11に福島駅到着です。花見山のために臨時列車が走るぐらいですので、駅前広場には、花見山への観光客対策として特設観光案内所が設けられていました。そして、改札に一番近いバス乗り場に花見山と福島駅とを結ぶシャトルバス「花見山号」が停まっていました。このシャトルバスは片道250円なのですが、福島交通の電車のりばに「花見山と福島市内バス&飯坂電車全線一日フリー乗車券」が700円で売られていましたので、このキップを利用して花見山に向かいました。

P1000263
▲改札に一番近い6番ポールが花見山号乗り場です
P1000265
▲黄色いジャンパーを着た案内係りがたくさんいて教えてくれます

花見山は、2000年ごろから花の名所として全国に知られるようになり、今では4月に20万以上が訪れる福島の一大観光地に発展したとのことです。花見山自体は、園芸農家の私有地なんだそうで、そこを公園として一般公開しているそうです。花見山の周辺はまったくの住宅地で道も狭隘で、そこに大挙してマイカーが押し寄せたので、以前は大混乱だったとのことで、現在は花見山周辺は一般車が乗り入れ禁止となり、福島駅からのシャトルバス、または周辺に設けられた専用駐車場からシャトルバスで向かうようになっています。混みあう観光地でありながら車の規制をしないところも多いですが、こちらではきちんと制限をかけていますので、非常に良いことだと思います。が、地元に人によると、それでも今年は高速道路1000円のおかげで周辺がかなり混雑したそうです。こういうところに行く時は、公共交通機関を利用したいものです。

P1000261
▲花見山の周りは狭隘道路、駐車場とを結ぶJRバスと行き違い

福島駅と花見山を結ぶシャトルバス「花見山号」の運行期間は3/28から4/30までの毎日で、午前9時~15時40分まで間20分から30分間隔。福島交通でも割引キップを出していますが、阿武隈急行でも花見山のバスとの格安をキップを出していますので、利用したいところです。

P1000254
▲阿武隈親水公園と花見山のシャトルはJRバスが担当

P1000255
▲花見山仮設バスターミナルにはつばめマークのバス停も登場

このほか、4/4~4/26までは、福島東口を起点とするまちなか周遊バスも30分間隔で運行されていて、4月の福島はにぎやかです。それなりに中心市街地の活性化には役立っていると思われますが、マイカー族で花見山来る人は、かなりいますので、その方々をなんとか公共交通へシフトさせて、街を誘導させることができれば理想的ではあると思いますが、簡単なことではないですね。

福島市観光物産協会

|

« 【鉄道】春の恒例臨時「快速ふくしま花見山号」 | トップページ | 【鉄道】福島交通飯坂線に乗って温泉へ »

バス」カテゴリの記事

地域活性化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【バス】福島の一大観光地「花見山」へバスで行く:

« 【鉄道】春の恒例臨時「快速ふくしま花見山号」 | トップページ | 【鉄道】福島交通飯坂線に乗って温泉へ »