« 【鉄道】阪神なんば線に乗車 | トップページ | 【バス】福島の一大観光地「花見山」へバスで行く »

【鉄道】春の恒例臨時「快速ふくしま花見山号」

今年も恒例の「快速ふくしま花見山号」が走り始めましたので、4/4にこの列車を乗って福島へ行き、そこで花見山、飯坂温泉をまわり、最後は、米坂線の臨時列車「こがね花回廊号」を乗ることにしました。

快速ふくしま花見山号は、仙台と福島の間をお花見シーズンに毎年走っている臨時の快速列車で、今年は、全日程とも仙台電車区の583系6連となっています。 

P1000235
▲仙台駅6番線に入線。多くのカメラマンが写真を撮っていました

運転初日なので、仙台駅で何かセレモニーがあるかと思いましたら、何もありませんでした。後で分かりましたが、JR関係者は「こがね花回廊号」の対応で米沢に出向いていたようです。

桜にはまだ早い状態でしたので、車内もだいぶ空いているだろう予想をしていましたが、そこそこの乗りで、前3両まで1BOXに2~3人、後ろに行くに従って空いていて、最後尾は1BOXに1人。発車間際に列車に乗ったものの後ろの方で1BOXがキープできましたので、ゆったりとして座れます。もちろん、乗客の中に鉄系の方が多いことをいうまでもありません。

P1000237
▲乗る側にしてみると、このぐらいの乗車率がゆったりできて良いと思います

停車駅は、仙台・岩沼間で各駅に止まり、その他は白石のみに停車します。岩沼までは、グループ客の途中合流らしき人がぱらぱらと乗車して、白石では数人が下車しましたが、仙台圏・福島直通の乗客がほとんどです。下り仙台行きの花見山号については、前後の普通列車が花見客で混んでいますので、大河原、船岡に停車してもよいかもしれません。

特急型ならではの乗り心地と騒音の低さで、たいへん快適な汽車旅ですが、わずか一時間強で、あっというまに福島到着。せっかくなので、もう1時間ぐらい乗っていたいところです。

583系の臨時快速は、過去に仙台・会津若松や仙台・水戸などの運転もあったのですが、最近はめっきり運転されなくなりです。唯一、ふくしま花見山号だけが、それなりの利用者があるようで、春の定番として定着しているようです。今シーズンも数回走りますが、来年の運行も期待です。

[2009年の時刻]
9570M 仙台07:53→福島09:11
9571M 福島14:55→仙台16:09
2009年運転日:4/4.5.11.12.18.19

P1000247
▲福島駅2番線に到着。仙台へ戻る時間まで留置線に入ります

|

« 【鉄道】阪神なんば線に乗車 | トップページ | 【バス】福島の一大観光地「花見山」へバスで行く »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/44676992

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】春の恒例臨時「快速ふくしま花見山号」:

« 【鉄道】阪神なんば線に乗車 | トップページ | 【バス】福島の一大観光地「花見山」へバスで行く »