« 【パーク&ライド情報】JR東日本水戸支社管内の対応駅情報 | トップページ | 【地域活性化】B級グルメ/新潟の『イタリアン』 »

【鉄道】磐越西線227D列車/会津若松発新津行のんびり列車

所要があって、会津若松から猿和田まで磐越西線227D普通列車を利用しました。
この列車は、会津若松から新津までの111kmを205分もかかっていて、評定速度は32.5km/h、ほかの列車は同区間を140~150分程度で走っていますので、この227Dののんびりぶりが際立っています。

Dsc_0004
▲野沢駅で28分停車中の227D。駅前散歩も可能

各駅で長めの停車時間があるのが特徴で、こんなに停車時間が長い列車も今時珍しいかもしれません。
<参考:停車駅と時間>
野沢駅・・・28分停車
徳沢駅・・・6分停車
津川駅・・・8分停車
五十島駅・・11分停車
野沢では、駅前を散歩して帰って来ることも可能です。

Dsc_0030
▲野沢駅前に車庫がある西会津町民バス

車掌氏の話では、会津若松から野沢までは少ないながらも通勤・通学に対応していて、続いて津川からは新潟方面へ向かう人たちの利用がするとのこと。乗車したのが春休み期間ということで車内は会津若松から静かなもので、野沢-豊実間は自分ひとりの貸切状態。津川を過ぎると駅ごとに乗客が増えてきました。

Dsc_0065
▲徳沢駅で快速あがのと交換。あがのが遅れため、20分停車しました

227Dは、郡山6:57発1223Mに連絡しているので、仙台や郡山からは利用可能ですが、首都圏からですと朝一番の新幹線でも間に合わず、前泊が必要になってしまいます。

当日使用されていたのは、キハ47+47+40(長ロングシート車)の3両編成。この列車にはキハ110や120は使われないとのことです。国鉄型気動車としていうことで窓も開きますし、貸切状態で、阿賀野川を眺められるなど『汽車旅』が楽しめます。会津若松から急ぐ人は、高速バスに乗ってもらうことにして、約30分も山間の駅で停まる列車があっても良い気がします。むしろ、車内については、子供がうるさい「ばんえつ物語」よりも雰囲気はいいかもしれません。

Dsc_0049
▲暇にまかせて徳沢駅を一巡すると側線に異種レール同士をつなぐジョイント発見!

|

« 【パーク&ライド情報】JR東日本水戸支社管内の対応駅情報 | トップページ | 【地域活性化】B級グルメ/新潟の『イタリアン』 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/44646350

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】磐越西線227D列車/会津若松発新津行のんびり列車:

« 【パーク&ライド情報】JR東日本水戸支社管内の対応駅情報 | トップページ | 【地域活性化】B級グルメ/新潟の『イタリアン』 »