« 【鉄道】JR東日本仙台支社2009年3月14日ダイヤ改正 | トップページ | 【鉄道】東北新幹線車種E5に統一 »

【地域活性化】北上コロッケを食べる-岩手県北上市

1月に茨城県の「龍ヶ崎コロッケ」が食べられなかったのでリベンジした訳ではないのですが、北上市を訪れる機会があり、ただいまB級グルメによる地域活性化策として売り出し中の「北上コロッケ」を食してきました。

このコロッケ、2、3年前に地元調理師会が「北上市に何か名物を」と音頭を取って、地場産品を使用したコロッケを提案したのがはじまりなんだそうで、今では北上市も同調して、売り出しをしています。市や商工会、市民団体がこのようなことを企画するケースはあるようですが、調理師会が発端というのは珍しいケースかもしれません。が、しかし「北上コロッケ」は全国区B級グルメまでにはまだまだなっていないようです。

Dsc_5526
▲コロッケの文字すら見当たらない北上駅

北上駅には、これまで何度か降り立ったことがあって、「北上コロッケ」も聞いたことがあったのですが、今まで食べたことがありませんでした。それはなぜかといいますと、駅にまったくインフォメーションがなく、駅前に「北上コロッケ」ののぼりなどもなし・・・。まさに前回の竜ヶ崎と同じ状態だったの原因でした。

【鉄道】関東鉄道・竜ヶ崎線・・・龍ケ崎コロッケ食えず

 何も情報がないと思われた「北上コロッケ」でしたが、なんと、今回使った北上駅のレンタカーの受付カウンターで「北上コロッケ」のパンフ&地図を発見しました。パンフによれば「二子さといも」「黒毛和牛」「白ゆりポーク」「グリーンアスパラ」が入っているのが掟で、店によって隠し味があったり、そばや丼ものなど発展させるのは自由とのことです。基本的には『さといもコロッケ』で、形は、岩手県の形と黄金の小判(平泉文化起因)を表しているそうな。ますますもって、食ねばということで大いにテンションがあがりました。

Kitakami
▲三つ折のパンフレットの中に白黒のマップが入っています

マップを見ますと北上中心部14店舗、相去・大堤地区1店舗、村崎野1店舗、和賀竪川目地区1、江釣子IC地区2店舗、和賀新田地区1店舗というように北上市全域にありますが、惣菜として売っているというよりも飲食店で定食として出しているのが大部分で値段700~1000円となっています。学生などがスナック感覚で買い食いするという類のものではないないようです。

早速、北上駅周辺で北上コロッケを探すことにしました。最初は、単品扱いの店舗である「クッチーナ」という惣菜店を目指したのですが、その住所にいったら、店はおろか、のぼりもなく、まったくの所在不明。あらら、北上コロッケ大丈夫か・・・。

Dsc_5870
▲「大安楼」は人気店のようで地元の方で混んでいました

気を取り直して、次の目指したのは、北上市中心部にある『大安楼』という和食屋。ここで「北上コロッケ丼」(735円)を注文しました。「丼」なので、どんぶりに入ってでてくるものと予想していたら、洋皿に盛られていたのには、意表突かれました。ごはんにのり、鰹節がかかり、その上に北上コロッケが1個。さらにコロッケの上には半熟たまごが乗って、うえから一味と天丼の汁がかかっていて、なんというか、創作料理というか無国籍料理的な感じです。

Dsc_5863
▲コロッケ丼のほかに、味噌汁、漬物、デザートがつきます

揚げ物を出すお店なので、コロッケの衣はカラっとしっかり揚げてあります。そして、中身ですが、クリームコロッケ並みにとてもやわらかいものでした。しかし、半熟たまごと一緒にコロッケを食べてしまうと味が負けてしまって、また辛みもあるのでコロッケ本来の味は良く分かりませんでした。揚げ物が乗っている天丼・かつ丼にくらべるとどーんとたんぱく質食ったというボリューム感はないですが、天丼タレがかかったご飯と海苔など和風テイストでおいしくいただけました。

残念ながら丼ものでは、コロッケ本体の味がわかりませんでしたので追加で1個315円の単品を追加です。スーパーで50円で買える時代ですので破格のコロッケではあります。

Dsc_5866
▲単品のコロッケ登場

何もつけないで食べてみると、里芋なのでもちろん強烈な個性はありません、トローリした里物の中でときどきアスパラが存在感じを示していました。肉に関しては、その存在はほとんど感じることなく、もう少し肉あってもよいかなと思いつつ、1個をありがたく完食。単品には、タルタルソースが付いてきましたが、何かをつけないと物足りませんので、ソース、醤油をかけるのも良いようです。

Dsc_5868
▲中身はトロトロですが衣がしっかりしていますので、綺麗に割れませんでした

北上コロッケは、料理として出されるためにどうも割高感があるのではないでしょうか。正直1000円近くだして観光客がコロッケ料理を食うかどうか・・・。惣菜のように、学生がおやつ替わりに駅の待合室でほうばれるようにするとかなり普及してくると思うのですが・・・。

さといもコロッケを食べたことがない人が大部分なので、どんなものかと興味がある人は多いと思います。お土産として駅や道の駅で冷凍物の販売などをしても良いですよね。

何はともあれ、岩手のB級グルメ「北上コロッケ」をまずは食べてみるべし。

北上市の北上コロッケのページ

|

« 【鉄道】JR東日本仙台支社2009年3月14日ダイヤ改正 | トップページ | 【鉄道】東北新幹線車種E5に統一 »

地域活性化」カテゴリの記事

コメント

 コロッケにしては高いですね。
前沢牛コロッケであれば少しは納得しますが、コロッケは100円位でないとあまりはやらないのでは。
 一度食べてはみたいですが。でも北上なかなか行く機会無いですね。高速のSAかPAでも販売すればいいのに。

投稿: のぶひさ | 2009年2月11日 (水) 17時47分

1個315円は刺激的でした。3個ぐらいあっという前に食べれるので・・・。コンビにの揚げ物惣菜的な売り方が普及のもとですよね。とりあえずJRの駅構内ぐらいにはPRパンフレットを置いてもらいたいですね~。

投稿: 管理人 | 2009年2月11日 (水) 18時03分

北上コロッケの旅、お疲れさまでした。
コロッケにしては高級なイメージですね。
ビールとコロッケの組み合わせも良いのではないかと思います。
軽井沢には地ビールとコロッケの店があるようです。
北上も地ビールとセットでPRしてはどうでしょうかね。

投稿: WDI@DADDY | 2009年2月12日 (木) 00時55分

DADDYさま お世話さまです。
そうですよね。北上にはわっかビールというのがありました。地ビールとコロッコの組み合わせはGOODアイディアですよね。
この組み合わせで600円ぐらいなら割高ではないと思うのは、酒飲みなんでしょうか。
地ビールのことはすっかり忘れていて、お土産に買ってくればよかったです。

投稿: 管理人 | 2009年2月12日 (木) 08時30分

食べ物ネタばかりにカキコしている自分もどおよ?…と思いますが
1個315円のコロッケはB級グルメと言えるのか?
デパ地下のコロッケももう少し安いですものね。

里芋が主原料だと、かなり淡泊ですね。
ビールより日本酒の方があうかもですよ。

ところで、管理人さまのプロフィールが空き箱のままですが、
アップする予定はないのですか?

投稿: 鉄ステの守り人 | 2009年2月14日 (土) 13時44分

鉄ステ守り人 さま
お世話さまです。本日はありがとうございました。

1個315円B級ではないかもしれませんよね。
仙台の牛タンも定食で1000円オーバーでB級扱いになっていませんからね。

ビールよりも日本酒、確かにそうかもしれません。

プロフィールの件は、うーん。しばらくはこのままということで・・・・。

投稿: 管理人 | 2009年2月14日 (土) 19時29分

先日、地元の北上で岩手B級グルメのイベントがありましたが、北上コロッケもありました。価格は1個¥200でした。今月、厚木で開催されたB-1グランプリでは2個で¥400の価格設定らしいです。単価が一気に¥-115なんですね…なんなんだぁ?この価格設定は~と思えるし1個¥200のコロッケでもかなり高いよね~と言う感じです。地元のコロッケ相場は、¥40~100くらいだと思います。しかも北上コロッケって馴染み深い食べ物じゃないんですよね… B級グルメに参加することにクエスチョン?なんですよね~

投稿: 北上地元人 | 2010年9月29日 (水) 01時37分

北上地元人 さま

コメントありがとうございます。
北上コロッケもB級グルメとしてイベントに進出して、B1グランプリにもエントリーしたのですね。

値段は一応値下げ傾向にあるものの、地元食材なので原価は高くつくのかもしれまが、まずは地元での知名度アップも狙い普及価格になることを期待したいところです。

投稿: 管理人 | 2010年9月29日 (水) 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【地域活性化】北上コロッケを食べる-岩手県北上市:

« 【鉄道】JR東日本仙台支社2009年3月14日ダイヤ改正 | トップページ | 【鉄道】東北新幹線車種E5に統一 »