« 【鉄道】気になる線路/亜炭採掘軌道と名取川砂利採取線 | トップページ | 【書籍】運輸と経済1月号 »

【鉄道】地方都市駅の15分だけのラッシュ~一ノ関駅

一ノ関駅は12万都市の玄関で、新幹線・東北本線・大船渡線か接続しています。典型的な地方の中核駅で利用者が多いわけではないのですが、平日朝のごくわずな時間だけ、都会の駅並みの通勤通学ラッシュが起きます。

一ノ関駅の7時半ごろには下記のように次々に列車が到着します。

7:27着 新幹線上り:盛岡発やまびこ44号(E2系10両)
7:30着 東北本線下り:仙台発普通521M(E721系4両)
7:31着 東北本線上り:盛岡発普通1524M(701系4両)
7:33着 大船渡線上り:気仙沼発普通324D(110系2両)
7:40着 新幹線下り:仙台発やまびこ97号(E2系10両)

特に在来線の普通列車3本は、高校生満載で到着しますので、ホームから改札口への人の流れとなり、自動改札機付近は、降車客をさばききれずあふれかえります。跨線橋も大混雑で、新幹線利用者して盛岡に向かう通勤者などは、高校生の流れに逆らいながら新幹線へと向かうことになります。

この混雑を知ってか、到着しても電車の中で人が引くのを待つ学生もチラホラ。岩手県内では本当に少なくなったホームの立ち食いそば、ホームのキオスキもこのときだけは忙しそうです。

一日でもっとも賑わう朝のラッシュは、わずか15分ほどで終了。
学生たちが学校へ行くといつものように静かな一ノ関駅へと戻るのでした。

Dsc_4273
▲高校生で賑わう一ノ関の改札口

|

« 【鉄道】気になる線路/亜炭採掘軌道と名取川砂利採取線 | トップページ | 【書籍】運輸と経済1月号 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530472/43848707

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】地方都市駅の15分だけのラッシュ~一ノ関駅:

« 【鉄道】気になる線路/亜炭採掘軌道と名取川砂利採取線 | トップページ | 【書籍】運輸と経済1月号 »